ケフィアグレイン(種菌)とは?ミルクケフィアとウォーターケフィア


ケフィ子の育てているケフィアグレインには、牛乳で育つミルクケフィアグレインと、
砂糖水で育つウォーターケフィアグレインの2種類があります。
育て方は両方とも大変シンプルです。

ミルクケフィアグレイン

ミルクケフィアグレイン

ミルクケフィアグレイン

生ケフィアヨーグルトを作るための菌のかたまり(菌塊)のことです。種菌、たね菌、
生菌、生種などと呼ばれています。ヨーグルトきのこ、と呼ばれていた時代もあります。

一般的なヨーグルトは出来上がったヨーグルトの一部を種菌としますが、生ケフィアヨーグルトはその必要がありません。
このカリフラワーに似たモコモコした塊を種菌として何度も使用します。

このミルクケフィアグレインで、何回でも生ケフィアヨーグルトを作ることができます。
そして種菌はどんどん成長し、大きくなったり増えたりします。

生ケフィアヨーグルト

生ケフィアヨーグルトドリンク

生ケフィアヨーグルトドリンク

ミルクケフィアグレインによって作られたヨーグルトのことを「生ケフィアヨーグルト」と呼ぶことにしました。
市販されているものや粉末の種菌から作られたケフィアヨーグルトと区別するためです。

生ケフィアヨーグルトは、発酵状態にもよりますが、一般的な固形のヨーグルトではなく、飲むヨーグルトに近いサラサラとした液体状の仕上がりとなります。
乳酸菌と酢酸菌による酸味があり、酵母により微発泡しています。
飲むヨーグルトに炭酸がはいっているような感じなのですが、これが大変美味しいのです。

粉末のケフィアヨーグルトの種菌とは別物になります。


粉末のケフィアヨーグルトの種菌は、有名なところですと、下記の2社があります。







両方とも購入して、試してみました。

まず、出来上がった時は、市販のヨーグルトのように固まっているのですが、混ぜるとサラサラとした状態になり、飲むヨーグルトに近くなります。
見た目はなんとなく似ていたのですが、ミルクケフィアグレインで作ったものとは、味が違いました。また、酵母菌による炭酸ガスの発生が少ないのか、ほとんど感じませんでした。両方とも同じような感じで、どちらかというと普通のヨーグルトに近い感じでした。

よってこのサイトでは、ミルクケフィアグレインで作ったものと粉末のケフィアヨーグルトの種菌は、別のものだということになりましたが、ケフィア菌は入っているので、お手軽に1回使いきりで作ってみたいときには、良いかもしれませんね。


生ケフィアヨーグルトの詳しい作り方はこちらです。

生ケフィアヨーグルトの作り方はとっても簡単です。 牛乳にミルクケフィアグレインを入れるだけです! ここでは長年続けてきたケフィ子流の...


生ケフィアヨーグルトの種菌についてはこちらです。

生ケフィアヨーグルトを作るためには、ミルクケフィアグレイン(種菌)が必要です。 増えている場合は、すぐにお譲りが可能ですが、少ない場合...

ウォーターケフィアグレイン

ウォーターケフィアグレイン

ウォーターケフィアグレイン

ウォーターケフィアドリンクを作るための菌のかたまり(菌塊)のことです。
この寒天に似た弾力のある塊を種菌として何度も使用します。

このウォーターケフィアグレインで、何回でもケフィアドリンクを作ることができます。
そして種菌はそこそこ成長し、大きくなったりたまに急に増えたりします。

ウォーターケフィアドリンク

ウォーターケフィアドリンク

ウォーターケフィアドリンク

ウォーターケフィアグレインによって作られたドリンク、飲み物のことです。
発酵状態にもよりますが、甘くない、または甘さ控えめなスポーツドリンクのような味で、少し酸味があり、微小発泡しています。
発酵させればさせるほど、酸味が強くなります。また、二次発酵させると炭酸飲料のようになります。


ウォーターケフィアドリンクの詳しい作り方はこちらです。

ウォーターケフィアドリンクの作り方はとてもシンプルです。 基本的には、砂糖水にウォーターケフィアグレインを入れるだけですが、ケフィ子は...


ウォーターケフィアドリンクの種菌についてはこちらです。

ウォーターケフィアドリンクを作るためには、ウォーターケフィアグレイン(種菌)が必要です。増えている場合は、すぐにお譲りが可能ですが、少な...

スポンサーリンク

フォローする!

スポンサーリンク