ウォーターケフィアドリンクのポットや茶こしなどケフィ子が使っているもの


ケフィ子の使っているウォーターケフィアドリンク用のポットや茶こしなどを紹介します。すべて実際に使っているもので、使いやすく便利なものだけを紹介しています。
ご参考になれば幸いです。

ガラスのボトル

水出し用のポット


ケフィ子は、「ハリオ 冷蔵庫ポットスリム」を使っています。

水出し用のポット

水出し用のポット



容量が1.4リットルあり、ウォーターケフィアグレインを入れてちょうどよいサイズです。だいたい1リットルぐらいのウォーターケフィアドリンクが出来上がりますので、ペットボトル2本分に注げるちょうどよいサイズです。

また、耐熱ガラス製なので、お砂糖が溶けにくい季節に熱湯を入れてお砂糖を早く溶かすこともできます。注ぎ口までカバーするフタもついているので、発酵中にほこりが入りにくいです。ペットボトルに注ぐとき、取っ手が便利です。
色はブルーとホワイトがあります。

by カエレバ

茶こし


ケフィ子は、「オリエント ぴったり 茶こし 大」を使っています。

茶こし(大)

茶こし(大)



本当に、いろいろ試して、使って、買いなおして、探して、「やっと見つけた!」 のが、このぴったり茶こしです。
様々なサイズの急須にぴったりはまるということで、この名称のようです。

一般的な目の細かいプラスチック製の茶こしは、だいたいサイズが小さいので、ウォーターケフィアグレインが取り切れずに茶こしからあふれてしまいます。
金属製のものだと大きいものもあるのですが、目が粗いので、洗う時に小さなウォーターケフィアグレインが流れていってしまいます。

ぴったり茶こしは3サイズ(大・中・小)ありますが、大をおすすめします。というか、大でも少し小さいので、特大があればいいのにな、と思っています。

by カエレバ

さいばし・菜ばし・菜箸


ケフィ子は、「マーナ すべらずつかめるシリコーン菜ばし」を使っています。

菜ばし

さいばし・菜ばし・菜箸



菜ばしならばなんでもよいと思うのですが、たまたまこれを使っています。
竹製のものだと他の料理の匂いなどがついた後、取れにくいですし、一応雑菌なども心配なので、シリコン(シリコーン)製を使っています。料理するときにも普通に使っていますが、つかみやすい気がします。

こちらは、先だけがシリコンになっているタイプですが、全体がシリコンになっているさいばしも売っています。
お好みで選んでみてくださいね。

漏斗(ろうと・じょうご)

漏斗(ろうと・じょうご)

漏斗(ろうと・じょうご)



こちらはもうメーカー名など不明です。いつ購入したものかもよく覚えていません。相当前だったような。かなり年季が入ってます。
漏斗で検索しましたら、いくつかサイズがありましたので、サイズを図ってみました。

直径:12cm(取っ手含まず)
高さ:11cm(管の部分は4cm)

このサイズだと、ぴったり茶こし(大)がスッポリはまってちょうどよいです。深さがあるタイプの方が使いやすいと思います。取っ手はあった方が便利です。

似たようなものを探してみましたが、100円ショップで買う方が安いかもしれませんね。

by カエレバ

以上、ご参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

フォローする!

スポンサーリンク