生ケフィアヨーグルトの材料などケフィ子が使っているもの


ケフィ子の使っている生ケフィアヨーグルト用の材料などを紹介します。
すべて実際に使っているもので、使いやすく便利なものだけを紹介しています。
ご参考になれば幸いです。

牛乳


牛乳


ケフィ子は、「北海道 よつ葉牛乳」超高温瞬間殺菌(UHT)を使っています。
宅配で購入しているので、店頭に売っているものとパッケージが違うかもしれませんが、超高温瞬間殺菌(UHT)のものであれば、メーカーは気にしなくてもよいと思います。

超高温瞬間殺菌牛乳(UHT)

超高温瞬間殺菌牛乳(UHT)120℃ 2秒間

超高温瞬間殺菌(UHT)とは?

現在主流となっているのは、連続式の超高温瞬間殺菌(UHT 殺菌)で、牛乳が、120~150℃で数秒間殺菌され、その後急速に冷却される方法(条件)です。殺菌方法の9 割以上を占めています。

引用元:一般社団法人日本乳業協会


9割以上を占めるということですので、販売されている牛乳のほとんどが超高温瞬間殺菌牛乳(UHT)ということになります。
牛乳のパッケージには殺菌方法が必ず明記されているので、確認してみてくださいね。

常温保存可能なLL牛乳(ロングライフミルク)でも作ることができます。
UHTは120~130℃で1~3 秒間殺菌、LL 牛乳は130~150℃で1~3 秒間で滅菌しているようです。

低温保持殺菌牛乳(パスチャライズ)で発酵させることもできますが、ケフィ子は長年使って問題のなかった超高温瞬間殺菌(UHT)をおすすめしています。

なお、低脂肪乳(ローファットミルク)や無脂肪乳(スキムミルク)で発酵させたい場合は、こちら↓をご参照ください。

「低脂肪乳(ローファットミルク)、無脂肪乳(スキムミルク・ノンファットミルク)でも、ミルクケフィアグレインは発酵しますか?」 「生ケフ...


お砂糖(粉末タイプ・液体タイプ)


生ケフィアヨーグルトはそのまま飲んでも美味しいですが、お砂糖を入れるとお子様でも飲みやすい味のヨーグルトドリンクになります。
ケフィ子はオリゴ糖が含まれているものを選んで使っています。

オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌など)を増やす=悪玉菌(大腸菌など)を減らす効能があるので、生ケフィアヨーグルトの効果増大を期待しつつ使っています。

粉末タイプ


粉末タイプの定番としては、「ムソー 北海道 てんさい含蜜糖・粉末 500g」があります。
粉末タイプなので、生ケフィアヨーグルトに入れてもサッと溶けやすくおすすめです。

てんさい糖、ビート糖

てんさい糖=ビート糖

原料は甜菜(てんさい)という大根に似た植物です。ビートとも呼ばれます。北海道に行くと、よく畑で栽培されているのを見かけます。

甜菜(てんさい)

甜菜(てんさい)

甜菜糖、てん菜糖、ビート糖、てんさいオリゴ糖、ビートオリゴ糖などいろんな名称があります。

ラフィノース=ビートオリゴ糖

ラフィノース=ビートオリゴ糖

ムソーのてんさい含蜜糖・粉末には、オリゴ糖(ラフィノース=ビートオリゴ糖)が、2.3g含まれているようです。

by カエレバ


ケフィ子は大量に消費しますので、こだわり食材 572310.com「てんさい含蜜糖 3kg」を購入しています。何といってもお安いでのでおすすめです!


液体タイプ


液体タイプの定番としては、液体のボトルタイプ「北海道 てんさいオリゴ 1kg」を使っています。
ホエイドリンクなどを作るときはこちらを使用します。

てんさいオリゴ糖(液体)

てんさいオリゴ糖(液体)

粉末よりもさらに溶けやすくおすすめです。
はちみつがあれば使うこともあります。はちみつにもオリゴ糖(フラクトオリゴ糖)が含まれています。
容量が1kgと500gがありますが、価格があまり変わらないので、1kgの方がお得ですよ。

by カエレバ

オリゴ糖の種類


オリゴ糖といっても様々な種類があります。
参考までに、ケフィ子は下記のようにまとめてみました。

代表的なオリゴ糖     主な原材料
ビートオリゴ糖
(ラフィノース)
ビート=甜菜(てんさい)
乳果オリゴ糖
(ラクトスクロース)
ショ糖と乳糖
フラクトオリゴ糖玉ねぎ、バナナ、はちみつ
キシロオリゴ糖トウモロコシ
大豆オリゴ糖大豆
イソマルトオリゴ糖でんぷん
ガラクトオリゴ糖乳糖

お好みや気分で使い分けてみるのも面白いかもしれませんね。
いろいろなオリゴ糖の商品が販売されていますが、ダイエットによいという物には添加物が含まれていることが多いです。
原材料名をよく確認して、添加物が含まれていないものを選びましょう!

スポンサーリンク

フォローする!

スポンサーリンク