【初心者用】ミルクケフィアFAQ – 生ケフィアヨーグルトを作るときによくある質問


ミルクケフィアグレインや生ケフィアヨーグルトについてのよくある質問にお答えしました。(初心者、ビギナー向け)

このサイト内を検索する『Google カスタム検索』ボックスも活用してくださいね。
新規の質問は、お問い合わせフォームからどうぞ。

【ベテラン用】ミルクケフィアFAQ はこちらです。
ウォーターケフィアFAQ はこちらです。
その他のFAQ はこちらです。






【初心者用】ミルクケフィアFAQ

全国にはミルクケフィアグレインを育てている方がたくさんいますので、友人、知人、同僚などをあたってみましょう。ケフィ子も増えたときに定期的にお譲りしていますので、こちらをチェックしてみてください。また、楽天市場やヤフーオークションで入手することもできます。
アマゾンや楽天市場で売っています。100円ショップでも似たようなものが売っています。 詳しくは→容器やスプーンなどケフィ子が使っているもの
基本的にミルクケフィアグレインが牛乳に浸かっていれば生ケフィアヨーグルトはできますが、透明の容器の方が発酵状態がわかりやすいです。また、口の広い容器の方がミルクケフィアグレインを取り出すのに便利です。ケフィ子はザル付きのタッパーをおすすめしています。 詳しくは→容器やスプーンなどケフィ子が使っているもの
それは面倒そうなのでやっていません。除菌機能つきの洗剤で、容器がキュキュッとなるまで毎回洗っているだけです。長年こうしてますが、ミルクケフィアグレインは超元気ですし、何の問題もないですよ。
これはたぶん粉末のケフィアヨーグルトの作り方ではないでしょうか。 基本的にミルクケフィアグレインが牛乳に浸かっていれば生ケフィアヨーグルトはできますが、牛乳パックだと横から発酵状態を確かめるのが難しいです。また、口が狭いのでケフィアグレインに邪魔され、ケフィアヨーグルトの発酵具合を確認することが難しいです。ケフィ子はザル付きのタッパーをおすすめしています。 詳しくは→容器やスプーンなどケフィ子が使っているもの
ジョイが有名ですが、ケフィ子は、キュキュット クリア除菌 詰替用 を使っています。 詳しくは→容器やスプーンなどケフィ子が使っているもの
市販されているものを試してみましたが、ミルクケフィアグレインで作ったものと味や食感が違いました。よってこのサイトでは別物としています。また、粉末のものは使いきりで、一度ヨーグルトになったら終わりですが、ミルクケフィアグレインは何度でも生ケフィアヨーグルトが作れます。
市販のヨーグルトのように固まることはありません。生ケフィアヨーグルトは、飲むヨーグルトのような液体状になります。飲んでお召し上がりください。
ヨーグルトメーカーや保温器などは必要ありません。しかし、冬などは発酵が遅くなりますので、早く発酵させたい場合や、寒冷地などで冬の間だけ使うという方法はあるかもしれません。
基本的には人間が快適な温度だと思う部屋、エアコンのある部屋などに置いておけば大丈夫です。そしてそれは大体の方がキッチンやリビング、ダイニングなどになります。ケフィ子はキッチンカウンターの上に置いています。明るい場所で大丈夫ですが、直射日光のあたる場所などは避けましょう。
ケフィアグレインはまずグレインのまわりから発酵していきます。発酵の初期段階ですのでそのままで大丈夫です。また、スプーンなどで混ぜても大丈夫です。詳しくは→発酵時間・状態や味・ベストな気温・二次発酵について
ケフィアグレインが元気な証拠です。酵母が活発な状態です。スプーンなどでよく混ぜれば大丈夫です。詳しくは→発酵時間・状態や味・ベストな気温・二次発酵について
薄黄色の水っぽいのはホエイ(乳清)です。スプーンなどで混ぜてしまって大丈夫です。
上部の薄黄色の水っぽいのはホエイ(乳清)です。混ぜてしまっても大丈夫ですし、そのまま上澄みをホエイドリンクとして使用しても良いです。詳しくは→ホエイ(乳清)の活用術いろいろ 飲んだり食べたり 顔パックも
生ケフィアヨーグルトは微発泡していますので、炭酸飲料のような刺激があります。詳しくは→発酵時間・状態や味・ベストな気温・二次発酵について
もしかしてお酒が飲めない方ではないですか?お酒が飲める方は大体の方が美味しいと言ってはまりますが、お酒が飲めないという方は味が苦手だという人が多いです。
乳糖不耐症の方ですね?ミルクケフィアグレインは乳糖をエサにして発酵しますので、発酵が終わっていれば、乳糖はほとんど入っていないと思います。むしろ牛乳よりおすすめの飲み物だと思います。
寒い時期に初めて作り始めた方からよくある質問です。ミルクケフィアグレインは勝手に増殖していきます。暖かくなれば、どんどん増えていきますので、どうぞ気長にお待ちください。

スポンサーリンク

フォローする!

スポンサーリンク